カベルタ(CAVERTA)

は男性用性不能治療薬バイアグラの有効成分クエン酸シルデナフィルを含有したGeneric(ゾロ薬)です。当然ですが成分が同一ですのでバイアグラと全く同等の効果をもたらします

カベルタ(CAVERTA)のご使用前に必ずお読みください
カベルタ(CAVERTA)は男性用性不能治療薬バイアグラの有効成分クエン酸シルデナフィルを含有したGeneric(ゾロ薬)です。当然ですが成分が同一ですのでバイアグラと全く同等の効果をもたらします。衛生的なPTP包装で1箱4錠入りです。 ページの先頭へ
カベルタ(CAVERTA)の使用方法
個人差もありますが、通常カベルタは服用してから1時間程度で効果を発揮します。服用する時間は各自調整が必要です。
カベルタ(CAVERTA)の成分
クエン酸シルデナフィル / sildenafilは、
勃起を持続させるcyclicgmpを破壊する酵素の働きを弱め、gmpを維持する作用があります。そのため、服用すると少量のgmpでも完全な勃起を維持することが可能になります。
カベルタ(CAVERTA)の保管方法
お子様の手の届かない冷暗所に保管してください
カベルタ(CAVERTA)の賞味期限
製造日より24ヶ月
カベルタ(CAVERTA)のに関する注意事項
カベルタ(caverta)の使用について(使用の懸念のある場合は、医師にご相談下さい。服用は自己責任となります。)
・本剤の成分に対し過敏症になった方 ・硝酸剤あるいは一酸化窒素(no)供与剤を服用中の方
主なものは狭心症、心筋梗塞の薬、ニトログリセリンです。
・心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる方
・重度の肝障害のある方(黄疸があるなどが重症例です)
・低血圧の患者(血圧で上が90mmhg以下)
・高血圧の方(安静時で上が170mmhg以上か下が100mmhg以上の場合)
・脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の病歴が最近6ケ月以内にある方
・網膜色素変性症患者・併用が禁止されている薬 一硝酸イソソルビド、 亜硝酸アミル、 硝酸イソソルビド、ニコランジル* ニトロプルシドナトリウム、 ニトログリセリン 、ニプラジロール
カベルタ(CAVERTA)の副作用
ニトログリセリンと併用すると血圧がどっと下がる。これは、ニトログリセリン自体が、血管を広げる働きがあるのに加えて、バイアグラも血管を広げる働きがある。この2つの薬を同時に使用すれば、血管が広がりすぎて、血圧が下がってしまう。そしてショック状態に陥ることもあります。ただ、心臓病が多くの場合、インポテンツを引き起こすだけに、その見極めは難しいところです。

ホームに戻る